FC2ブログ

バラの誘引 デッキ




南側のデッキにバラを誘引しています


白いバラはマダム・プランティエ
かなりの成長で素晴らしい花付きです

隣はソフトピンクのルドゥーテ
このバラも花付きよく四季咲きのように咲いています

その奥は2株でERのア・シャロップシャイア・ラド
ピーチピンク色でダイナミックな花です
それとERのウォラトン・オールド・ホール
ソフトアプリコット色で人気の品種です

一番奥も2株でブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール
とピエール・ドゥ・ロンサールです


薔薇デッキ-(3)


2013年10月から掘り出した穴

もともとあった石なのか? 埋め立てられたのか?
掘っても掘っても石だらけ
途中でここは無理! やめよう! と何度も思った

毎日朝から晩まで土方作業
この時期は毎日どこかの穴を掘っていた
大きい石も一人で持ち上げ(どんだけ力持ちなん私)
深さは80cmも掘ったのよ


薔薇デッキ-(6)


石の行方は・・・
裏の山の斜面がこんな感じで利用できました

石積みは主人がやってくれました
でも重たい石を現地まで私一人で運びました
これが一番大変だったかも~


薔薇デッキ7




line

バラの誘引 表のガゼボ




門を入ってすぐ右手にもガゼボがあります
実は薔薇の始まりがここでした


6本足のガゼボを組み立てて
それぞれの足に花壇を造りました

薔薇の事は全く知らず1冊の本を買いました
そこに京都のまつおえんげいさんが載っていたので覗きに
時期は11月 秋バラも終わりかけ
「ガゼボにバラを植えるとしたらどんなバラがいいですか?」
と聞いたら 日当たり、大きさ、好きな色等を聞かれました
丁寧な接客とともに3本のバラを選んでいただきました

ファーストローズはイングリッシュローズのスノーグース
このバラはまつおえんげいさんでも看板のように立派に咲いています
四季咲きのように咲く白い小輪です

それとデルパールのローズ・ポンパドール
これは一家に一鉢ローズ・ポンパドールと大野耕生さんが言われてた頃
これも四季咲きで良く咲くピンク色の大輪です

あとF&G Roses(京阪園芸)の花見小路
四季咲きのソフトピンク色の小輪です
なぜこのバラを選ばれたのか分かりません
樹高がたったの70cmです

この3本をガゼボに植えました
2012年11月です。
(ここに住み始めて3年半と思っていたら4年半でした)


薔薇ガゼボ表-(3)


2016年12月現在 4年たった今は
スノーグースの他は全部変わりました
花壇にもバラを植えほとんどオールドローズを中心に17株植わっています


薔薇ガゼボ表-(5)




line

バラの誘引 庭のフェンス




門を入って右手にもフェンスを作ってもらったのは今年の4月
それまでは桜の木に誘引していました

アーチを挟んで2つフェンスがあります
1つにはつるバラ クリームホワイトのセミダブル
シティー・オブ・ヨーク 4m程伸びます

もう一つには淡いアプリコットのセミダブル
ペネロープ 3m程伸びます


薔薇フェンス階段上-(3)


見応えにはまだまだかかりそうです



line

バラの誘引 パーゴラ




バラの誘引 パーゴラです 


パーゴラの上にはロサ・ムリガニー
白い一重のランブラーローズです
とても良く伸びる品種で10mと書いてあるものも
今年もシュートがたくさん出たので新しい枝でたくさん広がりました


パーゴラの手前の赤いバラはツルクリムソングローリー
このバラは咲いたらでかかったのでビックリでした
白がプロスペリティ
ピンクがシンデレラ


薔薇パーゴラ8


パーゴラの上の棒の間隔を30cmにしてもらいました。
誘引する時頭が出るのでこれだと楽チンです
下から上を向いて手を上げたままだと首は痛いし肩はこるし大変
脚立も安定しているので広くても安心して出来ました



line

薔薇の実でリースつくり




今日は一日中冷たい雨でした


そんな日には今年のバラの実でリースつくり
2つ出来たので門に飾りました



薔薇の実リース13


来年になると千両も万両も南天の実も全部
鳥さんの冬のご馳走
このバラの実も食べてくれるのかな?



line

バラの誘引 ヒノキのポール仕立て





こんな事があるのでしょうか‼

金曜日にコメントのお返事をしていて
2人目の送信の時にネットが切断されて(◎_◎;)
そのままネットにつながらず・・・

家の中では有線ではなくWi-Fiなのですが
スマホもiPadも主人のパソコンも何ともありません
私のパソコンだけがおかしくなりました

パソコン教室に予約を取って直してもらいましたが
ここ最近2件ほど同じようなことがあったそうです
原因は特定できていないそうですが・・・
見てても自分では直せそうにありませんでした
でも直って良かったぁ

ご心配おかけしました



これは金曜日に誘引出来たものです

庭にヒノキが10本あるのですが
8本の株元にとても強いランブラーローズを植えています
ヒノキの根っこにも勝ってくれそうなやつです

2本はアーチに6本をポール仕立てにしています
そのうちよく伸びた3本の誘引を紹介します

一番右の写真は誘引前の様子でハシゴをかけて3m
その上に1.5mで4.5mの高さです



薔薇ポール仕立て2


左はポールズ・ヒマラヤン・ムスク
中央がマニントン・モーブ・ランブラー
右がエヴァンジュリエン


今年の春です
薔薇ポール仕立て


来年はもう少しつまって咲くと思います




line

裏山のガゼボ バラの誘引



今日は裏山のガゼボの誘引をしました


裏のメインかもしれません
バラの開花をお知らせするピンク色の
スパニッシュ・ビューティが大きく育っています


今年の春
薔薇ガゼボ-(5)


このガゼボは足が4本なので4株植わっています
ピンク色のスパニッシュ・ビューティ
ピンク色のルイーズ・オディエ
赤色のテス・オブ・ダバーヒルズ
黄色のグラハム・トーマス


バラガゼボ-(2)


今年はこのガゼボにクレマチスを8株植えました
ビチセラ系を植えたのでバラが終わってから
タッチ交代かもしれません



line

木彫りの作品



今日は月に2回の木彫り教室でした

習い始めて2年が過ぎました
簡単なものから始まり立体まで
カリキュラム通りに教えて頂きます


木彫り1


表札など何点か抜けていますが今日までの作品です


木彫り4


ブローチにネックレス 菓子皿にタオル掛け 写真たて
実用的なものから飾り物まで
今日は魚の立体が出来上がりました


木彫り5

次回からはお地蔵さんの沈め彫り
最後が立体のお地蔵さんだそうです
それで基礎コースが終わり自分が作りたいものに挑戦です

ぜんぜんうまく出来ないんだけれど・・・



line

バラのトンネルに


今日は朝から晩まで雨
たまに上がってもすぐ雨
1本だけ剪定誘引が出来ました


昨日お話していたトンネルアーチ
今年物凄~~~く伸びてくれたランブラーローズ
白がフェリシテエ・ペルペチェ
ピンクがフランソワジュランビル


今年の春
トンネルアーチまとめ1


半日陰にも強い小輪系のバラをトンネルアーチの山側に植えています
手前側の大部分がにはイングリッシュローズ
つるバラになるシュラブを植えていますが
トンネルにするまではいかないと思うので
山側からもってきます

フランソワジュランビルは下向きに垂れても咲くみたいなので
手前側にも枝をたくさんもってきました
今回の誘引で本当に咲くのか見てみたいと思います

3年でやっと一部トンネルになりそうです
まだ一部です


トンネルアーチまとめ1


それとちょっと心配なことが・・・
下の写真はイングリッシュローズのザ・ラーク・アクセンティグ
トンネルアーチ手前側に植えているイングリッシュローズの中で
このバラだけ成長しています

他の24本はシュートが出ていません
年々小さくなってる気がします
一度掘り上げて根の様子を見ないといけないようです
もしかすると山のヒノキの根っこが邪魔してるかもしれません
ヒノキは10本もあります


トンネルアーチまとめ2



春のザ・ラーク・アクセンティグ
まとめ1



まだまだ当分 剪定誘引が続きます



line

トンネルアーチのバラの誘引




今日は汗ばむ陽気で剪定誘引もペースUP↝


昨日からトンネルアーチに取り掛かっています
1個目から登りの階段です
不安定な階段が(^-^;  10個目のアーチまで続きます

11個目からは緩やかな登りのスロープが続き
17個目ぐらいが頂上 (2階の屋根より高い所です)
そこから22個目まで下っていきます
全長46mにバラが57本の剪定誘引です

ランブラーローズがよく伸びて今年やっとトンネルになりました
明日写真撮ってUPします

しかーし
トンネルの手前側にイングリッシュローズをつる仕立てにしてるのですが
1本除いてかなりやばい状態(◎_◎;) 24本も・・・
ほとんどシュートが出ていません
根っこがヒノキに占領されているかもしれません。。。


今年の春のトンネルアーチ
トンネルアーチまとめ





line
line

line
プロフィール

ssrg2015

Author:ssrg2015
兵庫県の田舎で里山を開拓してナチュラルなローズガーデンを夢見て頑張っています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line